パジャマは素材選びが重要|肌にいいアイテムを伝授

寝るときには専用の服を

素材を見極めよう

赤ん坊

生まれたての赤ちゃんは昼夜問わず睡眠を繰り返しており、親のお世話も昼夜を問わないものとなります。
そのため、パジャマを用意して夜のために着せるという意識を持つ人はあまりいません。
実際、新生児のうちは吐き戻しなどで着替えることも多く、着替えるときも昼夜を問わないのでパジャマをわざわざ用意する必要性はあまりありません。
ですが、ある程度大きくなったらやはりパジャマを用意した方が生活リズムの点と過ごし良さの点からはおすすめです。
いつ頃からパジャマを着せた方がよいという目安は特にありませんが、一つの目安は赤ちゃんにある程度昼夜の差が出てくる三ヶ月から四ヶ月頃でしょう。
そのころになると、赤ちゃんは日中起きている時間が長くなり、夜まとめて眠る赤ちゃんも出てきます。
また首もすわるため、お世話もしやすくなります。
そうなったらパジャマを用意してあげると昼夜の区別がつきやすく、また快適にもなります。
赤ちゃんのパジャマの費用相場は、大人のものと同じくピンキリといえます。
安ければ1000円程度でも購入できますし、素材にこだわったものならば10000円を超えるものもあります。
人気のあるのは5000円以下の価格帯のもので、質より量を重視して選ぶ人が多めです。
実際、赤ちゃんは多く汗をかくため何枚も必要になります。
数枚用意しておく方が天気の悪いときにも着せられて便利です。
赤ちゃんはよく動くので、お腹がでないようにつなぎになっていたり、腹巻きがついていたりするものが多いです。
素材は汗をよく吸うものが多いです。

昼夜の区別をつける方法

ベイビー

赤ちゃんは一日中寝ているようなイメージがある為、パジャマと普段着の切り替えは必要ないように考えている人もいると思います。
しかし、生後3ヶ月から5ヶ月になると授乳の間隔も安定し、生活のリズムができ始めます。
昼夜の区別をつける為にもパジャマに着替えることは必要です。
また外に出る機会も増える為、衛生面でも外で着る服と、家で寝る時に着る服は分けた方が良いです。
このくらいの月齢ですと、いわゆる「パジャマ」というものではなく、着心地の良いロンパースなどをパジャマとして使用することになります。
普段着との違いがあまりないように感じますが、寝る前に着替えるという生活習慣を身に付けることが大切なのです。
少し月齢が上がり6ヶ月から7ヶ月になれば、上下の分かれたセパレートタイプのパジャマを着用することができます。
ズボンのゴムの部分が腹巻になっているものや、ボタンで上下を留めることができるものなど、赤ちゃんが寝ている間に動いてもお腹が出ないよう工夫されているものが多いです。
赤ちゃんは大人よりも寝ている時にかく汗の量がとても多いです。
そのため夏でも冬でもパジャマの下に肌着を着せるのが基本です。
赤ちゃんのパジャマはデザインが可愛いものも多く出ていますが、通気性が良く、しっかりと汗を吸収する素材を選ぶように心がけましょう。
寝ている間にたくさんの汗をかきますから、パジャマはこまめに洗濯するようにして清潔な状態を保つことで、あせもやかぶれを防ぐことに繋がります。

肌に優しい素材

赤ちゃん

一日の大半を睡眠に費やする赤ちゃんにとって、パジャマはとても大切なアイテムです。
生まれたての乳児期にはオムツ替えの頻度が高く、ミルクの吐き戻しなどで汚す場合も多いのが特徴です。
このため、オムツの部分が広く開くタイプのパジャマの方がストレスなくお世話をすることができます。
また、パジャマを汚してしまった場合に着替えやすいように前當のものが多いのが特徴です。
乳児期には首がまだ座っていなく、着替えをさせるのも慣れるまで一苦労です。
一日に何度もパジャマを汚すことも多いため、着替えやすく乾きやすい素材のものが主流です。
それに加えて、肌の弱い赤ちゃんにあわせた素材で作られたものが多い傾向です。
乳児期を過ぎると、パジャマの形状は通常の2ピースに変化してきます。
幼児期は寝返りなどが激しく、お腹を出して睡眠をとる子も多いことから、ズボンと上のパジャマをボタンで留められる機能を備えたものも販売されています。
子供の寝相などにあわせて、パジャマの形状も選択することができるのが特徴なのです。
幼児期には子供のが喜ぶキャラクターのデザインやかわいらしいデザインも増えてきます。
まだオムツはずれしていない時期には、ズボンの股の部分がスナップで留められているタイプのパジャマも人気です。
このように乳児や幼児のパジャマの特徴は寝心地はもちろんのこと、親側がお世話をしやすい形状をしているものが多いのです。
目的にあわせて選択することがとても大切になります。

出産に備えて準備するもの

ベイビー

抱っこ紐は数多くの商品が販売されていますが、選定ポイントを把握して自分にあったものを購入することが重要です。希望する抱っこの仕方があれば、それに対応した機能を有する抱っこひもを選ぶ必要がありますし、暑い時期や寒い時期の使用が見込まれるのであれば、その季節に応じた素材で出来たものの方がよいでしょう。

もっと読む

寝るときには専用の服を

赤ん坊

赤ちゃんの生活リズムを整えるためにもパジャマを着せてあげるのはおすすめです。パジャマを着せてあげるのは昼夜の差がわかってくる三ヶ月から四ヶ月頃以降が一般的で、価格帯はピンキリですが安めのものが人気です。お腹が冷えないようになっており、汗をよく吸う素材が多いです。

もっと読む

抱っこひものメリット

親子

抱っこ紐はベビー用品専門店やインターネットで購入することができます。種類やデザインも豊富にあるので、自分に合ったものを購入するとよいと思います。最近では肩や腰への負担が少ない抱っこ紐もあります。しかし一番重要なのは赤ちゃんへの安全性です。店頭で実際に手に取り、信頼できるものを選ぶことが大切です。

もっと読む